固定電話とスマホの違いを知りましょう

電話機の種類によるメリットとデメリット

電話機にはスマートフォン、いわゆるスマホと、卓上タイプの固定のものがあります。昨今ではスマートフォンはインターネットの普及と発展に伴いどんどん普及率が拡大しています。そのスマートフォンの普及とともに卓上タイプのものが影を潜めていっている傾向にありますが、依然として卓上タイプの需要はあり、ご家庭や企業で利用され続けています。スマートフォンと固定タイプのものの違いやメリットとデメリットを理解すれば、その使い訳を上手く行うことができ、通信を効率よく行うことができるでしょう。

通信手段の用途を把握しておきましょう

スマホは常に持ち歩くことができます。ご自宅やお勤め先の職場の中でもご利用が可能ですが、外出先のいつでもどこでも通信が可能です。また通話機能だけではなく、インターネットの機能も備えていますので、いつでもインターネット上にある膨大な情報を引き出すことができます。フォンという名称がついていますが、実際はインターネットが接続された小型のパソコンを持ち歩いているのと同じです。それがあれば卓上タイプのものは不必要になるという意見もありますが、依然卓上タイプのものが利用されているのには理由があります。その卓上タイプの番号に外部から通信を行うことにより、必ずその建物内、エリア内に掛かるという確証があるということです。企業などでは、必ずその担当エリアや担当者に繋がるということを定めることができます。そのため、ビジネスの世界においては、卓上タイプの電話というものの需要は今後も続いていくことでしょう。

スマホ特有のデメリットを知りましょう

スマートフォンと卓上タイプの固定のものとの違いの中で、さらに確認しておくべきものは、バッテリーの問題です。スマートフォンは携帯して保持するものですので、バッテリーの残量に気を配らなくてはなりません。スマートフォンがいくらいつでもどこでも利用可能なツールだとしても、バッテリーがなくなっては利用ができません。適当に充電をしなくてはいけません。一方で、卓上タイプのものであれば、建物の電気回線と常に接続されている状態ですので、バッテリーが無くなって使用できなくなるリスクはありません。ビジネスの世界で通信手段が切断されてしまうことは致命的です。このリスクを避けるためにも、固定電話というものはビジネスには必要不可欠なツールになっているということです。

ピックアップ記事一覧