スマホや固定電話はどちらにもメリットやデメリットがあります

固定電話が減少傾向にありますがメリットもあります

最近は携帯電話が普及してきているために、昔から家に設置してあった電話を解約する人も多く、設置している人は少なくなってきているようです。特に若い人同士の連絡手段としては携帯のみという人が大変多くなってきているようです。しかし、どちらにもメリットやデメリットがあるのは確かです。まず、固定式のメリットとして最も優れている点としては、携帯電話よりもつながりやすく、たとえば大規模な地震や災害が発生したりした場合には、家族や親戚あるいは知人との連絡が取りやすいのは確かなようです。また固定式特有の機能としてはファックス機能があることではないでしょうか。会社や学校、町内会の連絡網、通信販売等で品物を購入する際のファックスでの申し込み等には大変便利です。また、スマホを水没させたり、壊してしまった時には固定式を使用することが可能です。

スマホの機能は挙げれば切りがありません

逆にデメリットとしては、コードがつながっているために持ち運びができず、その場でしか通話ができないことや毎月の料金が発生することでしょう。一方、スマホのメリットとしては数え切れないくらいたくさんあります。最大の利点は、製品自体が小型で軽量化されているために携帯することができることでしょう。家の中でも外出先でも、どこにいても通話が可能なことです。また、通話以外にもテレビを視聴することができたり、メールやゲーム、地図アプリ等を利用した道案内、電車等の乗換案内等、挙げれば切りがないくらいで、これ以上便利なものはないと言っても過言ではないかも知れません。

どちらも便利ですが上手く使い分けることが必要です

しかし、どちらにも今の時代にはなくてはならないような、大切で必要不可欠な機能がたくさん詰まっているのは間違いありません。両方とも持っていないという人は探してもなかなか見つからないのではないでしょうか。また、スマホに関しては、ネックストラップ等に付けて首から吊るして行動している人もよく見かけます。そういうことをしていない人は失くしてしまったり、落下させて故障させたり水没させてしまったりという人が多いようです。修理をするにも時間やお金が掛かります。常に持ち歩いたり、身近にないと不安になってしまうという人も数多くいるようです。いずれにしても、どちらにもメリットもあればデメリットもありますので上手く使い分けることが必要です。

ピックアップ記事一覧